大きな違い

波打ち際に立つ女

ファッションヘルスの場合はお客さんと会う時には下着姿でプレイルームで待機しておかなくてはいけません。
ですが、デリヘルの場合はお客さんが直接会いに来るのではなく、女の子が自分でお客さんの元に行かなくてはいけません。
お客さんに会いに行くので服装はしっかりした格好ではなくてはいけなく、それなりに清潔感がり、オシャレをしておかなくてはいけません。

基本的に夜のシゴトになるので、お店のドライバーがお客さんの元まで送り届けてもらえます。
最近は昼間でもデリヘルとして働くことができるので、その場合はお店のドライバーが送ることもあれば、自分で移動することもあるようです。

移動する時間を考えると、あまり効率よく高収入を得ることができないこともあります。
しかしデリヘルの求人はこの移動する時間を有効活用することで、楽しく働くことができます。
例えば、イヤな客の相手をした後に次の場所に移動する時に気持ちの整理をしやすく、楽になれます。
他にも疲れている場合には移動中は仮眠することもでき、お腹が空いている場合はご飯を食べることができます。

特徴について

楽しい会話

デリヘルは人気の風俗求人ですが、お店も一般的な風俗と比較して違うことがいくつかあります。
それは繁華街などではなくてもさまざまな場所に存在することです。
一般的な風俗店は駅などの近くの繁華街にあることが多く、派手なネオンの看板などがあり、目立つことが多いのですが、デリヘルはこのようなことはありません。
その理由として、風営法で店舗を設置する場所に制限がないからです。

お店が目立たないことで、よいメリットとして風俗で働いていることがバレにくく、場所も風俗がありそうな場所ではないので働きやすいです。
また、デリヘルの店舗によってはお店に出勤するのではなく、待機所と呼ばれる場所に出勤することもあります。
待機所とはお客様から指名があるまで、待機しておく場所のことで、お店の近くのカフェやマンガ喫茶などを待機所としているデリヘルもあります。
またデリヘルによっては自宅で待機しておくことも大丈夫なところもあるので、とても便利です。

どこのデリヘルでも携帯ですぐに連絡取れないとシゴトにならないのでしっかり携帯は確認することができる状態にしておかなくてはいけません。
また、デリヘルは一般的な風俗店より高収入を得ることができるので、稼ぎたいと考えている方にオススメのシゴトです。

届けることについて

アジアンスマイル

デリヘルはデリバリーヘルスの略です、このデリバリーとは英語で届けるということです。
なので、デリヘルとは男性客がいる場所に風俗嬢が出向いてサービスをすることが仕事になります。
ですが、デリヘルが出向くと言っても自分だけで行くのではなく、男性のスタッフがドライバーとして車で送迎してくれることが一般的なデリヘルです。

デリヘルは無店舗型と呼ばれる風俗店で、ピンサロやソープは店舗型の風俗店と呼ばれています。
店舗型の風俗店ではそのお店の中で性的なサービスをすることに対して、無店舗型の風俗店は店舗には待合室などしかなく、店舗で性的なサービスを提供することはないという大きな違いがあります。

なので、お客様からするとわざわざ店舗に行かなくても自分の指定した場所でサービスを受けることができるというような点で人気があります。
ですから、高収入を得ることができる求人として働く女性からしても人気が高い風俗、それがデリヘルです。

高級なデリヘルでは利用する客もリッチな方が多く、当然そこで働くことができれば、当然更に高収入な給料を受け取ることができます。
なので、容姿に自信がある方や一般的なデリヘルで経験を積んで更に稼ぎたいと考えている方にオススメの仕事場となります。